手術でいぼは綺麗に除去できる【見た目の印象を若々しくする効果】

カウンセリング

腫瘍の場合もあります

いぼの種類の多くは皮膚や皮脂や皮下組織が腫瘍化したものが多くなっています。これらのものを綺麗に取り除くにはメスによる切除手術や窒素ガスの吹き付けなどがあります。どちらも保険が適応される場合があります。

詳しく見る

看護師

必要なルールと治療法

いぼの手術を受ける時は、予定が狂いそうな時の連絡と他の人への配慮を欠かさずに行いましょう。医師の話にもしっかり耳を傾けるようにします。手術法には、液体窒素とレーザーの二通りの方法があります。症状が小さいうちに受けることが重要です。

詳しく見る

女性

医院で除去することが可能

いぼを除去するには、手術で切り取る方法以外にも、液体窒素を使ったりレーザーを照射したりする方法などもあります。それぞれにメリット・デメリットがありますが、どの方法にするかは診察などを行い医師が判断します。

詳しく見る

男性医師

感染する前に医師に相談

いぼはウイルス性のものだと感染する恐れがあります。自分で下手に触ると他の健康な皮膚にも発症してしまう可能性があるため、専門医に治療してもらうのが大切です。再発のリスクを少なくする治療方法は切除手術がお勧めです。

詳しく見る

女医と看護師

情報共有で手間を省く

通院先の情報を共有すれば、家族がいぼで悩んだ時に役立ちます。手術の際、調査する手間もなくなります。通院先を選ぶ時は、利用者の意見を参考にするほか、他の人に同行して選択基準を探すことが得策です。自分なりの基準を持っておくといいでしょう。

詳しく見る

痛みや内出血が少ない

看護師

炭酸ガスレーザーの除去

いぼは加齢や紫外線、衣類やアクセサリー類などの摩擦などが原因で出来ることが多く、首や胸元、顔などの目立つ部分に出来やすいのでコンプレックスを感じている人が多いです。ヨクイニンなどの内服薬も有効ですが、すぐに効果は実感できないため、美容皮膚科や皮膚科のクリニックで手術によるいぼ除去を受けたい人が増加しています。いぼ手術が人気の理由は皮膚が盛り上がっていたり、直径が5mm以上の大きな形状の場合でもきれいに切除が出来ますし、傷跡も残りにくい方法もあります。美容皮膚科や皮膚科のクリニックでは、医療用ハサミを使って切除をしたり、液体窒素による除去、炭酸ガスレーザーによる治療が受けられます。直径が2mm前後で小さかったり、数が少ない場合は費用を抑えた治療が可能です。液体窒素による治療は保険適用が受けられるので、費用も4千円から5千円前後です。サイズが大きかったり、複数のいぼがある場合は炭酸ガスレーザーによる手術を勧められることもあります。一人一人の皮膚の状態に応じた方法を提案してくれます。いぼは40代、50代以降の人に多く見られますが、遺伝的な要因がある場合は比較的若い20代の場合もできることもあります。黒っぽかったり、茶褐色などで皮膚から盛り上がったりしている場合は、見た目の印象が悪いので悩んでいる人がほとんどです。美容皮膚科や皮膚科のクリニックでは時間を掛けて診察をしてくれるので、老人性のいぼなのか、ウイルスが原因なのか確認をしてくれます。直径が2mm前後の場合はほくろとの区別が付かないこともあるので、医師に判断してもらうことが大事です。炭酸ガスレーザーによるいぼ手術は、痛みや内出血などが少なく短時間で施術を終えることができるので、体に負担が少ないのが特徴です。炭酸ガスレーザーによるいぼ手術は、費用が3万円から、5万円になっています。保険適用は受けられませんが、傷跡はほとんど残らず安全性の高い方法です。いぼ手術を受けたい人は、美容皮膚科や皮膚科に通院をして最適な方法を提案してもらうと良いでしょう。目立つイボを除去することで、見た目の印象を若々しくする効果があります。

Copyright© 2018 手術でいぼは綺麗に除去できる【見た目の印象を若々しくする効果】 All Rights Reserved.